大人のニキビはホルモンバランスが崩れるとできるのでホルモン療法を

大人のニキビはホルモンバランスが崩れるとできるのでホルモン療法を

女性の多くが悩まされている、大人になってからのニキビは、アダルトニキビと呼ばれており、治りにくいニキビとして知られています。

 

思春期のニキビは、洗顔をこまめに行っていれば、時期が来ると治るケースも多く見られますが、大人のニキビは思春期ニキビと異なり、治りにくかったり、治っても繰り返し発生するのが特徴です。

 

大人のニキビはホルモンバランスが崩れるとできるという説から、ホルモン療法が行われています。

 

この治療法は一部の皮膚科や美容外科、婦人科などで行われている注目の治療法で、低用量ピルを使用してホルモンバランスを整え、ニキビを防ぐものです。
低用量ピルは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの複合剤ですので、続けて服用することでホルモンのバランスを一定に保つ働きがあります。

 

排卵日前後や黄体期になるとニキビができる方がいますが、これはホルモンの変動によるケースが考えられます。

 

このようなタイプのニキビにもホルモン療法が効果的です。ホルモンの変動が無くなるホルモン療法は、避妊ではなくニキビ治療目的で飲む方も増加傾向にあります。
低用量ピルにも種類があり、中でもニキビが治りやすい低用量ピルとそうでないタイプがあります。

 

又、どのピルが肌荒れに効果があるかは人によっても感受性が異なることがあります。

 

初めは一般的にニキビが治りやすいとされているピルを試してみて、身体に合わないようでしたら他のピルを試すといったこともできます。

 

大人のニキビをホルモン療法で治療して改善させた例は多く報告されており、アダルトニキビのホルモン療法を行っている皮膚科のホームページでも症例写真を確認することができます。
ホルモン療法は持病があったり体調がよくない場合は治療が受けられない場合がありますが、生理前にニキビが悪化するタイプや、口の周りにニキビが広がっている症状に高い効果が見られます。

 

ホルモンバランスを正常に整えることで、ニキビを防ぎ、うるおいに富んだ肌を維持することができます。