体調の変化に合わせてとったほうが良い食材

体調の変化に合わせてとったほうが良い食材

さまざまな変化が起こる体調ですが、その体調に合わせて、とった方が良い食材があります!

 

 

それを、紹介したいと思います。ひとつ目の体の症状は、体がだるかったり、疲れやすい時です。いっぱい寝たのに疲れがとれない、やる気が出ない、食欲がないなどの症状は、心身ともに疲れがたまっているのです。そんな疲労回復には、スタミナをつけるタンパク質と、ビタミンB1です。タンパク質は具体的にいうと、お肉や魚、卵や大豆製品などに多く含まれます。

 

 

にんにくに含まれているアリシンを一緒に摂取すると、より高い疲労回復効果が得られます。アリシンは、ニンニクの他に、ねぎやたまねぎ、ニラにも含まれます?また、アスパラに含まれるアスパラギン酸も、疲労回復やスタミナをつける効果があります。もうひとつ体の症状で、かぜをひきやすいときに取り入れたい栄養を紹介します!かぜは、免疫力が低下しているとひきやすく、ウイルスにも感染しやすくなります。そのため、かぜ予防には免疫力を高める作用のあるビタミンCやビタミンAがおすすめです。ビタミンAは、モロヘイヤやにんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれます。またビタミンCは、果物や赤ピーマン、ブロッコリー、じゃがいもなどに豊富に含まれます。

 

 

ビタミンCは、細胞同士の結合を高めてウイルスの侵入を防いだり、体内に入ってきたウイルスを排除する白血球を活性化してくれます。ビタミンAは、強い抗酸化力で、のどや鼻の粘膜の健康を保ち、ウイルスの侵入をシャットアウトしてくれます。そのため、果物や、野菜をしっかり摂取することが、かぜの予防にはかなり重要なんです。また、もうひとつの症状として、二日酔いがひどい日に取り入れたい食材を紹介します。個人差がありますが、アルコールの量が代謝能力を超えてしまうと、アセトアルデヒドがうまく処理できずに二日酔いが起こります。そのため、アルコールの代謝を高めるためにはタンパク質を摂取します。肝臓も、アルコールの代謝に関わる酵素も、タンパク質が原料だからです。タンパク質のおつまみをとりながら飲むと、二日酔い防止の効果が大きいので、おすすめです。